Gallery Baekpasun 3周年記念

有田焼の母 百婆仙追慕講演会のご案内

期 日:平成31年3月10日 13時30分より15時30分
 
会 場 有田町生涯学習センター大会議室(有田駅歩5分)
 
琴演奏 13時30分~
和 琴:橋口京子さん他 TSS(日本伝統音楽を守る会)会員 伊万里市
伽耶琴:崔希旻(チェ ヒミン)さん 釜山藝術高校 國楽科学生16歳
 
講 演 14時~15時30分
演 題:陶磁の源流 百婆仙のふるさとテガン村と時代背景
講 師:李鳳洙 氏(イ ボンス 氏)韓国金海市在住、百婆仙研究家、大甘マウリ開発委員長
通 訳:金善美 氏 (キム ソンミ 氏)女性学博士、ソウル市立大学、南ソウル大学講師
 
 
 
 
連絡先: 0955-25-9683    info@baekpasun.com
 
後 援 日韓親善皿踊り協議会、融和の会 日韓百婆仙研究会 韓国百婆仙追慕事業会
 
 
 
 
 
百婆仙像

第14回秋の有田陶磁器まつり

2018年11月21日(水)~25日(日)
第14回秋の有田陶磁器まつりが開催され、ギャラリーペクパソンでは日韓友好女性作陶展を開催致しました。
期間中、韓国百婆仙記念事業会の方々もお越し下さり、武雄市と有田町にある百婆仙ゆかりの地を見学して頂きました。
夜の日韓交流会におきましては、有田皿踊り会の方々も合流し、和やかに歓談し食事を共にすることで懇親を深めることができました。

韓国百婆仙記念事業会の方々との交流会の様子

  


韓国金海市の粉青陶磁器祭りで有田皿踊り

2018年10月26日(金)~28日(日)
今年も韓国金海市の粉青陶磁器祭りに参加してまいりました。
会場のペクパソンブースでは、ギャラリーペクパソンの作家達の展示販売や有田焼伝統工芸士のお二人による絵付けの実演を行い、多くの方がその匠の技に興味を持たれ熱心にご覧になっていました。
また、館長による百婆仙についての講演会を行ったり、百婆仙への追慕、感謝の気持ちを込めた有田皿踊りを披露させて頂きました。
秋晴れの下、20代から80代の踊り手が心を一つにして舞った有田チロリン節と有田皿踊り。金海の方々も喜んでくださり、大変充実したイベントとなりました。

 
参加した韓国金海市の粉青陶磁器祭りの様子